スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.06.25 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ビルマホシガメの成長記録 + 甲羅成長のメカニズム、結石予防

    0

      リクガメキーパーのみなさま、近頃いかがお過ごしでしょうか。

      関東地方は近頃天気が良く、アカアシは屋外飼育、ビルマベビーも毎朝の日光浴が日課となっております。

       

      本業の論文・著作の執筆等々に忙殺され、アメリカのブリーダーの紹介記事を書くための、まとまった時間を確保できずにいます。

      このブリーダーは、ヘルマンリクガメの繁殖技術(地域差によって孵化、雌の作出方法が異なるらしい)等も開示しているので、いずれ記事にしていこうと思っております。

      日本でもヘルマンリクガメのブリーダーは多いようですが、繁殖技術については、経験からの手探りの部分もあるようですので、多少参考になるかもしれません。

       

      さて、今回は迎えてから1ヶ月になるビルマホシガメベビーの様子を紹介したいと思います。

      生後半年で、ブリーダーのもとで少し育った状態で、販売されておりました。

      ブリーダーの方の愛情が詰まった「手引き」が添付され、親個体および繁殖個体の飼育環境、給餌内容、日々のメンテナンス、繁殖に向けた発情のさせ方、孵卵方法が記載されておりました。

       

      家に来て間もない頃の写真です。

      少しだけ甲羅がモコッとしていると思われる方もいるかもしれませんが、個性です、個性。

      「甲羅のボコつき」といわれる現象は、英語でピラミッティングと言います。

      リクガメの甲羅は、旧甲版の下に、旧甲版より少し大きいごくごく薄い甲版ができるメカニズムによって成長していきます。

      ミルクレープを作る要領です。

      ですから、甲羅が突起するのではなく、新甲版が厚く成長することで、旧甲版層が徐々に隆起するのです。

       

      さて、この子の話に戻りますが、迎えた時から食欲旺盛で、私が誤って与えたツツジを食べてしまうほどでした。

      皆様もご注意を。季節は終わりましたが、桜の花びらも、ご注意下さい。

       

      給餌内容は、迎えた当初はブリーダーに倣い、数種の野草とトマトを細かく刻み、ごくごく少量のふやかしたフードを混ぜた「特製サラダ」を提供していました。

      ただ、愛情が裏目に出てしまってからは、飼育者が気負いすぎるのも良くないので、ヤブガラシやタンポポ、ノゲシなどの野草を数種そのまま与える方向にシフトしました。

      1日の給餌回数は2回で、朝の温浴後が野草、夜の就寝前が水分補給を目的としたレタスです。

      屋外飼育のアカアシでさえ、沢山食べる日もあれば、活動量を抑え殆ど食べない日もありますので、食べる量はそれほど気にしていません。

      レタスだけはどんな時でも、体の倍以上食べますが。

       

      レタスを与える目的は、体内での尿酸の結晶化のリスクを避けるためです。

      我が家では、日光浴と温浴、水分量の多いレタスで、利尿を促しています。

      屋外飼育中心のリクガメが結石問題を抱えたとの報告は目にしないので、これはケージ飼育中心のカメの問題でしょう。

      太陽光による自然な代謝サイクルが維持できないために、尿酸の結晶化が目に見えないところで進行すると考えるべきだと思います。

       

      さて、そんなこんなで約1ヶ月たったベビーが、こちらの写真です。

      これからカメを食べるために計量中です。

      嘘です。

       

      餌の摂取量はそれほど気にしていませんが、12gの増加です。

      これが成長なのかどうなのか、私にはよくわかりません。

      カメは消化しにくい雑草を、数日間かけてゆっくり消化していきます。

      動物病院でレントゲン撮影した経験のある方はご存じかと思いますが、数日食べてないリクガメも、健康な場合、腸内に草などがびっしりと詰まっています。

       

      日光浴を頻繁に行っているので、新甲版ができてきたようです。

      こちらの方が成長の目安ですね。

      太陽光万歳。

       

      横から見た写真。

       

      正面の写真。

       

      尻の写真。

       

      上からの写真。

       

      腹甲の写真。

      ここのところ、世界中でテロが起きています。

      イギリスのマンチェスター、インドネシアのジャカルタ、アフガニスタンのカブール、イラクのバクダッド、ロンドン。

      犠牲者とその家族に、お見舞い申し上げます。

       

      今週も皆様にとって、平穏で良い一週間になりますように。

       

      Copyright (C) 2013-2017 ちゃかぽん(Sug) All Rights Reserved.

      JUGEMテーマ:カメ全般


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.06.25 Sunday
        • -
        • 00:02
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        飼っているビルマ、うちと同じ時期に飼い始めたんですね。
        うちは1月生まれなので、1ヶ月違いといったところでしょうか。
        勝手ながら成長の目安にさせてもらいます。

        インスタのほうは、気づかずフォローしていました。
        成長の様子、楽しみにしてます。
        まころんさん

        いつもコメントをいただき、ありがとうございます。

        そうですね、ゴールデンウィーク序盤あたりです。
        この子は11月生まれです。
        お互い健康に育つとよいですね!

        てっきりご存じかと思っておりました。
        こちらこそ、楽しみにさせていただきます。
        • ちゃかぽん
        • 2017/06/05 7:38 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • リクガメ飼育の模索
          ちゃかぽん (06/25)
        • リクガメ飼育の模索
          わきんなますた〜 (06/24)
        • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
          ちゃかぽん (06/14)
        • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
          ポタカ (06/14)
        • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
          ちゃかぽん (06/12)
        • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
          カメさん日記 (06/11)
        • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
          ちゃかぽん (06/07)
        • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
          わきんなますた〜 (06/07)
        • ビルマホシガメの成長記録 + 甲羅成長のメカニズム、結石予防
          ちゃかぽん (06/05)
        • ビルマホシガメの成長記録 + 甲羅成長のメカニズム、結石予防
          まころん (06/05)

        recommend

        自民党―「一強」の実像 (中公新書)
        自民党―「一強」の実像 (中公新書) (JUGEMレビュー »)
        中北 浩爾
        自民党の「強さ」はどこにあるのか?
        その「強さ」は盤石なものなのか?

        自民党内外の構造を分析した、政治学者による優れた研究書。

        自民党政権は今後もしばらく続くと著者は評しているが、果たして・・・。

        recommend

        腐りゆく日本というシステム
        腐りゆく日本というシステム (JUGEMレビュー »)
        リチャード・カッツ
        日本の経済・産業構造の問題点は、バブル崩壊以前から放置されてきた。

        1999年の本だが、日本経済の問題の核心を突いた隠れた名著。

        金融緩和、調整インフレ、慢性的個人消費の落ち込み。

        あれ?これ最近の本?と驚くこと間違いなし。

        子供・孫たちが生きる日本の将来を真剣に考えるきっかけとなる一冊。

        recommend

        老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 (講談社現代新書)
        老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
        野澤 千絵
        これから家を買う方、建てる方、その場所で、その物件で、本当に大丈夫ですか?
        水道・ガスのインフラが、数年後には、なくなるかもしれませんよ?

        家を買う前の必読書。

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        フリースペース