スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.06.25 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    家庭菜園ビギナーの再挑戦。

    0
      先週の土曜日、家庭菜園スペースのテコ入れをしました。
      たい肥や石灰、野菜の土をブレンドしたもので植えていましたが、正しいやり方を勉強しなおしました。


      トマト
      1屬△燭蟠貪收亞200g、ようりん150gを施し混ぜ、深さ20僂曚匹旅造鯔戮蝓△修海縫螢鷸100g、化成肥料60g、たい肥を入れ、掘った土を戻しました。
      グランドカバーをし、およそ50儡岾屬防弔鮨△┐觀蠅魴,蝓∪めに植え、支柱を立てます。
      トマトはバジルと一緒に植えると味が良くなるので、種から育てたバジルの苗を隣に植えました。


      ナス
      1屬△燭蟠貪收亞150gを撒きよく耕します。1週間ほどして土壌ができたら、化成肥料150gを土の深いところまで混ぜ、土を平らにします。90僉1m間隔に15僂旅造魴,蝓△燭と2圈化成肥料50gを施し、土を戻してうねをつくり、マルチングします。


      きゅうり
      1屬△燭蠅燭と2圈苦土石灰200g、ようりん100gを撒いて耕します。
      数日後、化成肥料100gを撒いて耕し、うねを作ります。
      支柱を立て、つるが伸びるごとに結束していきます。
      大葉は害虫を防ぐ効果があるので、キュウリの隣に植えました。


      ピーマン
      1屬△燭蟠貪收亞150gを撒き耕します。
      1m間隔で15僂曚匹旅造魴,蝓1屬△燭70gの化成肥料を入れます。
      溝を掘った土を戻し、幅1m、高さ20僂里Δ佑鮑遒蝓△Δ佑良縮未砲燭と遒鮖気、その上からマルチングします。
      苗は浅く植え、根が見えないように根元に土を盛ります。
      ピーマンは苗が折れやすいので、支柱を立ててゆるめに誘引します。

      以上、古本屋で購入した『お悩み解決!家庭菜園入門 Q&A』(ブティック社)を見ながら、やり直しました。
      1屬△燭蠅糧醂舛篌蟒腓箸覆辰討い泙垢、それぞれの野菜を植えるスペースはそれより小さいので、50兒擁の場合は量を半分にしています。
      実のなる成る野菜は、ようりんや化成肥料が十分でないと味や収穫量に大きく影響するようなので、やり直しました。
      うまくいくかわかりませんが、今後も記録していきたいと思います。


      スーパーで購入した小松菜の根をプランターに植えたものですが、大きくなってきました。
      もう少し育ったらカメにあげたいと思います。

      家庭菜園ビギナーの失敗例。

      0
        家庭菜園をはじめて二年目。
        去年はネットで調べて育て、キュウリとバジル、シソ以外は微妙な結果に終わってしまいました。
        きゅうりはたくさん収穫できリクガメのご飯にもなったのですが、それ以外の結果があまりよくなく(勉強不足だったので当然ですが)、ミニトマトは味が薄く、カボチャも何とも言えないものになりました。
        現在ゼロから勉強中で、必要なものが届くのを待っているところです。

        種から発芽させたコマツナとバジルが大きくなりはじめました。




        これから間引いて、もう少し大きな苗まで成長させようと思います。
        バジルはトマトと一緒に植えると、トマトの味がよくなるそうです。

        家庭菜園スペースの野菜は、ようりんや化成肥料が十分でないのにもかかわらず、苗が大きくなり始めています。
        順番が間違っていますが、注文した物がそろい次第、植え直ししようと思います。
        ブックオフで家庭菜園入門の古本を買ってきて勉強しています。


        ピーマンは化成肥料が足りないので、うねに施し、表面に堆肥をまいた後にマルチングしようと思います。


        茄子も化成肥料を施した後でマルチングします。
        植え直しですね。勉強不足でした。
        まだ苗が大きくなっていないので、修正できると信じています。

        この他にもトマトときゅうりの苗があり、トマトにはようりんが、きゅうりには化成肥料が十分でありませんでした。


        根付きのコマツナを空いているプランターに植えました。
        これがどれほど生えるかわかりませんが、カメの食事数回分になればいいなと思います。

        野菜の土など園芸用の土が売っているので、それを「万能」だと思い込んでいました。
        私の失敗事例を反面教師に、これから家庭菜園を考えている方は、まず家庭菜園についての古本などで理解してからはじめることをおすすめします。
        知識がなくともある程度の収穫はできますが、しっかりとしたものを収穫するには、ちゃんと勉強するべきなのでしょう。

        家庭菜園について、これからも記録していこうと思います。

        食べるだけならカメでもできる。If you only eat, even tortoises can do it.

        0
          今年は家庭菜園スペースに、ピーマン、トマト、茄子、キュウリの苗を植えました。
          去年は、キュウリ、ミニトマト、カボチャを育てました。
          素人の手探り状態ですが、少しずつ育っています。
          ビニールマルチや支柱の立て方などわからないことばかりですが、勉強中。


          ピーマンの実がつき始めてますね。


          ミニトマトは土作りのやり方が間違っていたみたいなので、注文したものが来たら改良します。
          小さな花が咲き始めました。
          土を耕して、堆肥と石灰は混ぜたのですけど、トマトにはそれでは不十分みたいです。


          小松菜の種から芽がではじめました。
          これはリクガメにも分けるため育てています。


          とても大きくなるので、庭スペースから玄関横に移植したセージ。
          可愛らしい花が咲きいています。

          今朝、ローマン・カモミールの花を摘みました。
          リンゴの香りがしますね。
          乾燥させてハーブティーにしようと思います。



          家庭菜園ビギナー。
          勉強しながら頑張ろうと思います。

          庭 (2013〜2015)

          0
            ネコの額のような庭ですが、最初は何もなく、リクガメ用に外周を柵で囲んでからは、少しずつ植物を増やしてきました。


            二〇一三年春。草むしりをした後に、植物を植えられそうなスペースを耕し、園芸ショップでシンボルツリーやハーブを買ってきました。
            最初に買ったのは、ニオイバンマツリとイチジクの木でした。


            二〇一三年、夏です。
            ローズ・ゼラニウムを地植えしたことにより、庭がゼラニウムだらけになりました。
            幾種類かのセージを植えたため、庭が華やかになりました。
            プランターで茄子とピーマン、小松菜、トマト、オクラを育てました。


            今年です。
            昨年より玄関横のスペースで家庭菜園をはじめたので、野菜プランター類は減りました。
            ハーブ類は刈り込んだので、これから生えてくるでしょう。
            アイビーが伸びることでグランドカバーになっています。
            昨年植えたオリーブの木が成長し、結構な高さになってきました。オリーブの木は大きいものを買うと結構な値段しますよね。いつか実がなればよいかと思います。
            桑の木もどんどん大きくなっています。今年もたくさんの桑の実が収穫できそうです。

            Flowers bloomed

            0
              二年前に引っ越してきた当初、都内の賃貸のわりに少し広い庭には笹と雑草しか生えていなかった。

              草むしりが面倒だからとリクガメを導入し、どうせならとナチュラルガーデンもどきを目指した。
              土を耕し、良くわからない木の根を掘り起こし、土壌改良し、匂いをテーマにハーブ類を植え込んだ。
              枯れたり、ローズ・ゼラニウムが爆発的に増殖したり、刈り込んだり、食べられたりしながら、現在に至る。

              去年ローマン・カモミールを植えたのだが、種が落ちていたのか、春先から生え始め、花が咲いた。
              狭い庭のくせに無駄に木を植えており、ローマン・カモミールはオリーブの木の周辺に生えている。


              乾燥させれば紅茶にできるようなので、摘み取るか検討中。


              我が家のシンボルツリー何号かは忘れたが、庭にジャスミン系の香りを漂わせてくれるニオイバンマツリ。
              春から秋までは鉢ごと地面に植え込み、冬場は室内に。
              五度以下で葉が落ちてしまうが、春になると葉が生えてくるはずなのだが、根詰まりを起こし生えず、花だけが咲いている。
              このままだと枯れてしまうので、時間を見つけて根のカットをせねば。
              花の色が紫から白へ表情が変わるところが気に入っている。


              桑の葉やタンポポ、ハルジオン、ノゲシなど、敷地内に生えている草を置くと、アカアシリクガメの「ペコちゃん」が食べに来た。

              つるバラを数種地植えし育てているが、成長速度が遅い。
              時間がある時にでも園芸本を確認してみようと思う。

              理想の庭をつくろう

              0
                 リクガメを庭に放すことにしたため、脱走防止のために木製花壇柵で庭を囲み、コンパネで外での彼女たちのお家を製作。寒いときに逃げ込めるよう、家はビニールハウスで覆った。
                彼女たちが家と認識しなければ存在感をやたら主張する置物になりかねないが、可愛い女の子たちのため。そんなことは構いやしない。

                作業が終わり達成感に浸りながら庭を見渡す。
                「・・・。」
                「・・・。」
                「雑草だらけで殺風景だな。」
                雑草が生えた中途半端に広いスペースを花壇柵で囲むと、なんとも形容のし難い風景に。まるで雑草を愛でているかのようだ。周囲の視線など全く気にしない性質だが、何も知らない人が見たら、庭で大事そうに雑草を育てている奇特な人と思うだろう。

                カメが届かない高さまで伸びたものと彼女たちの嗜好性があまり高くない笹を鎌で刈ると更に不格好な庭に。
                朝部屋の空気を入れ替えるためリビングのカーテンを開け最初に目に入る風景が、これ・・・か。
                雑草が生えているところはいいが、中途半端に地肌が見えているところがあるのはいただけない。

                (ちなみに、相当量刈ってしまった笹なのだが、彼女たちはある日突然食べだし、糞の中身を見る限りかなり食べている模様。笹なんてパンダとケヅメリクガメが好むものだと思っていたから、地面に深く根を張る憎たらしい雑草として除去してしまったよ。ま、雨が降ればすぐに生えるだろう。)


                そこで、雑草が伸びていても見栄えの良い庭をつくることに。
                木々や花と野草を上手くマッチさせ、いわゆるナチュラルガーデンを作ろうというわけだ。
                もちろん、リクガメが食べる葉や花などを積極的に採用する。

                善は急げということで、早速始動。
                まず庭の中心になる木を選び、そこからインスパイアされる庭のデッサンを起こし、花などの苗を揃えていった。
                ここ一か月で購入した植物は、以下のもの。

                樹木
                ・ニオイバンマツリ(庭のシンボルツリー。2mぐらい。)
                ・いちじくの木
                ・ブルーベリーの木×2
                ・桑の木
                ・ハイビスカス

                草花
                ・ラベンダーレディ×2
                ・レースラベンダー×13
                ・ポッドタイム×2
                ・セージ×2
                ・ローズゼラニウム×2
                ・ローマンカモマイル×2
                ・蚊連草×2
                ・バジル×2
                ・ローズマリー
                ・イタリアンパセリ
                ・ワイルドベリー×3
                ・アシタバ
                ・シソ
                ・マツバギク
                ・アイビー×3

                多肉
                ・ウチワサボテン
                ・カランコエ×4
                ・ポーチュラカ

                野菜
                ・ミニトマト×2
                ・ゴーヤ
                ・ズッキーニ
                ・茄子

                ハーブをメインにした香りをテーマにした庭を作ろうと思っている。
                ハーブを植える場所は土づくりをしたが、それ以外のところの雑草はもちろん抜かない。
                らむの目線1

                基本的にカメが食べても良いものを揃えた。カメの嗜好性の高い植物も集めたが、雑草をたくさん食べてほしいので、ハーブ以外はプランタースタンドに乗せることに。
                らむの目線2

                多様な木々の木陰やプランタースタンドの下など、リクガメがーるずは夏でも好きなところで暑さをしのげるわけだ。(おや、プランターが。野菜を植えようと買ったプランターは、今は別のところに移動してある。)
                らむの目線3

                庭作りは始まったばかり。様になるまで時間がかかるが、気長にやろう。

                ローズゼラニウム
                切り戻ししたローズゼラニウムと蚊連草をテーブルに。

                | 1/1PAGES |

                PR

                calendar

                S M T W T F S
                     12
                3456789
                10111213141516
                17181920212223
                24252627282930
                31      
                << December 2017 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                • リクガメ飼育の模索
                  ちゃかぽん (06/25)
                • リクガメ飼育の模索
                  わきんなますた〜 (06/24)
                • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
                  ちゃかぽん (06/14)
                • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
                  ポタカ (06/14)
                • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
                  ちゃかぽん (06/12)
                • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
                  カメさん日記 (06/11)
                • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
                  ちゃかぽん (06/07)
                • アメリカのカメブリーダー、クリス・レオン氏の紹介 "An American top Chelonia breeder, Chris Leone"
                  わきんなますた〜 (06/07)
                • ビルマホシガメの成長記録 + 甲羅成長のメカニズム、結石予防
                  ちゃかぽん (06/05)
                • ビルマホシガメの成長記録 + 甲羅成長のメカニズム、結石予防
                  まころん (06/05)

                recommend

                自民党―「一強」の実像 (中公新書)
                自民党―「一強」の実像 (中公新書) (JUGEMレビュー »)
                中北 浩爾
                自民党の「強さ」はどこにあるのか?
                その「強さ」は盤石なものなのか?

                自民党内外の構造を分析した、政治学者による優れた研究書。

                自民党政権は今後もしばらく続くと著者は評しているが、果たして・・・。

                recommend

                腐りゆく日本というシステム
                腐りゆく日本というシステム (JUGEMレビュー »)
                リチャード・カッツ
                日本の経済・産業構造の問題点は、バブル崩壊以前から放置されてきた。

                1999年の本だが、日本経済の問題の核心を突いた隠れた名著。

                金融緩和、調整インフレ、慢性的個人消費の落ち込み。

                あれ?これ最近の本?と驚くこと間違いなし。

                子供・孫たちが生きる日本の将来を真剣に考えるきっかけとなる一冊。

                recommend

                老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 (講談社現代新書)
                老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 (講談社現代新書) (JUGEMレビュー »)
                野澤 千絵
                これから家を買う方、建てる方、その場所で、その物件で、本当に大丈夫ですか?
                水道・ガスのインフラが、数年後には、なくなるかもしれませんよ?

                家を買う前の必読書。

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM

                フリースペース